KIWANIS CLUB OF YOKOHAMA

横浜キワニスクラブ

Serving the Children of the World

›››  キワニス及び横浜キワニスは世界の
子供たちのための国際奉仕団体です。

横浜キワニスクラブ
横浜キワニスクラブの活動内容

action

キワニスドールとは

2010/04/02

<生い立ち>
1988年にメルボルン、ヌナワディング・キワニスクラブで誕生し、オーストラリアで普及するとともに、1994年から北欧に伝播し、2001年11月に日本地区に導入されました。

<形状>
白い(またはパステルカラー)木綿生地にポリエステル綿を詰めたキワニスドール。身長約40cm、体重約50g、とても素朴な形で、目も鼻も口もありません。ただ一つ身に付けているのは、国際奉仕団体キワニスのマークの小さなラベルだけです。しかし、このちょっと風変わりな、ノッペラボウの小さな人形が、普通の玩具の人形とは違った方法で、病気の子供達に大きな力を与えています。

<使い方>
お医者さんは人形に内臓の絵を描いて、治療の説明に使っています。人形に注射をしたり、手術の説明にも使われます。看護大学では実習に使われたり、養護学校では児童に体の説明に使われたりと様々な使われ方をしています。小さな患者さんは大好きな人の顔を描いていつも側に置き、退院の時は持ち帰っています。

キワニアンは今後もドールの作成と納入先の開拓に励み、多くの患者さん達の助けになるよう頑張って参ります。

【キワニスドールご希望の皆様】 キワニスドールの使用用途は様々ですが、上記の使い方をご覧の上ご理解頂いた、ご希望の方は、横浜キワニスクラブ事務局までご連絡下さい。ご希望に添えるよう対処致します。

電話:045-661-0918 

 メール:yokohama-kiwanis@mx2.alpha-web.ne.jp